眼精疲労に対するコンドロイチンの効果について

眼精疲労になると目がショボショボしてとても疲れたような感じになり、目を使った仕事を続行するのが困難に感じてしまいます。

私もパソコン作業が長引くと眼精疲労の症状が出て目薬に頼ってしまうのですが、目を疲れにくくさせるためにはコンドロイチンなどのサプリメントを摂取するのが良いと言われています。

コンドロイチンは目のピント調節を正常に保ってくれる働きがあり、眼球の弾力性や保湿性に関係しています。

また、コンドロイチンは老化と共に不足してくると言われていますので、年齢を重ねれば重ねる程眼精疲労になる可能性が高くなります。

しかし、若い人でも長時間の仕事で長時間のパソコン作業をしている人などは眼精疲労になる可能性が高いです。

さらに、老眼もコンドロイチン不足により起こってくると言われていますので、サプリメントや日頃の食生活から積極的に補う必要性が出てきます。

そして、できるだけ遠くなどを見るなどして目を休めることも大切です。

私たちは運動不足なると体に様々な障害が出てきますので気をつけますが、目の運動不足ということに関してはあまり気を使いません。

サプリメントだけでなく、遠くを見たり近くを見たりして目のピント調節の機能を司っている筋肉をほぐしたり眼球運動などを積極的な行うことによって、目の疲労をとったりすることも大切なことなのでないかと思いますね。

カテゴリー: 口コミ・評判 | 眼精疲労に対するコンドロイチンの効果について はコメントを受け付けていません。

コンドロイチンと他の薬の飲み合わせについて

サプリメントと薬との飲み合わせについては副作用があるという話をあまり聞いたことがありませんが、全くないとも言えませんので詳しく調べてみることにしました。

今高齢者の間でとても人気のあるコンドロイチンのサプリメントとその他の薬の飲み合わせについて調べてみると、副作用は殆ど認められてないということです。

飲み合わせと言うよりも気をつけなければいけないことは、1日の必要摂取量をしっかりと守ることだと思いますね。

例えば、関節のトラブルに有効だと言われているコンドロイチンは1,200mg、グルコサミンは1,500mgが目安となっているようです。

最近のサプリメントはコンドロイチンとグルコサミンが一緒に入ったものが多いですので、メーカーの方で1日の摂取量をしっかりと明示してありますのでしっかりと守ることが大切です。

他の薬との飲み合わせによる副作用は心配する必要ないですが、コンドロイチンの一時的な過剰摂取による副作用には注意する必要があると思います。

関節のトラブルを抱えている人はこういったサプリメントを摂ることが求められますが、経口摂取による効果は薄いと言う見解が多いようですので、ハッキリとした効果を望むには長期間継続的に摂取する必要があると思いますね。

カテゴリー: 口コミ・評判 | コンドロイチンと他の薬の飲み合わせについて はコメントを受け付けていません。

コンドロイチンの血中濃度が増加しても効果がないって本当なの?

コンドロイチンの血中濃度が増加すれば関節炎に顕著な効果が現れると言うことが予想されますが、実際のところはどうやらそうではないようですね。

詳しく調べてみますと、関節に存在している軟骨は血管が通ってないので、コンドロイチンの血中濃度が例え増加したとしても軟骨の半透明な成分には行き届かないわけです。

これは仮説ではなく事実ですので疑いの余地はないと思いますが、このことからコンドロイチンの経口摂取による改善効果がないと言われている事実もうなずけます。

そしてもう1つの理由が、コンドロイチンを経口摂取により体の中で消化された場合多糖物質でなくなってしまうので、それが原因で体外に排出されることにより軟骨に行き届かないということです。

体内に入ったコンドロイチンがこのような事実によって関節に存在する軟骨成分を補うということが出来ないのであれば、いくら経口摂取しても効果がないのと言うことが全面的に肯定されてしまいます。

しかし、テレビショッピングであれだけサプリメントが売れている事実と、ネットショップでも人気サプリメントとしてこれだけ売れ続けているわけですから、血中濃度の高い低いなどの理由とは異なる何か他の効果的な事実があるのではないかと思いますね。

口コミでのレビューを見てみましても、関節炎が改善して楽になったという方が大勢いらっしゃいます。

となると、やはり実際に試してみるしかないと思いますね。

カテゴリー: 効果・効能 | コンドロイチンの血中濃度が増加しても効果がないって本当なの? はコメントを受け付けていません。

通風に対するコンドロイチンの効果について

通風になると足の親指のつけ根に激痛が走ると言われています。

その痛みが長い人で2週間ぐらい続くと言うのですから、日常生活に支障をきたすのは必至と思われます。

この病気になる原因は色々ありますが、ビールの飲み過ぎによることからこの病気が引き起こされるとも言われています。

普段から缶ビールを1日3本以上飲む人は注意が必要ではないかと思います。

と言いますのは、私の友人が1日3~4本の缶ビールを毎日飲む習慣になっていたために、尿酸値が上がってかかりつけの医者から通風にかかる危険性を指摘されたためです。

仮に通風になった場合、我慢してなんの処置もしないでおくと腎臓障害や尿路結石などの合併症を起こす可能性が高いので注意が必要です。

このような辛い症状の緩和にコンドロイチンが有効であることがわかっています。

最近ではコンドロイチンサプリメントが各会社からたくさん発売されていますので、あなたがこれだと思うサプリメントを選ぶと良いでしょう。

それと同時に、症状の重さをしっかりと把握するために病院での治療をおすすめします。

合併症を起こすほどに悪化すると大変ですから、やはり最初は病院に行ってしっかりと治療をすることが大切ではないかと思いますね。

併せてコンドロイチンサプリメントなどを積極的に摂るようににすれば、比較的苦痛を長く苦痛を味わうことなく症状が改善するのではないかと思いますね。

カテゴリー: 効果・効能 | 通風に対するコンドロイチンの効果について はコメントを受け付けていません。

病院で処方されるコンドロイチンについて

病院で処方されるコンドロイチンの治療法というのは、一般的にサプリメントとして販売されている錠剤による治療ではなく注射による治療になります。

医師の見解によれば、経口摂取によるコンドロイチンの処方では効果がないというのが定説のようです。

また、病院での錠剤による治療は保険適用外になり保険適用がなされるのは目下のところ注射による治療だけのようです。

このような事実から、効果があると言われているのは病院で処方される注射によるコンドロイチンの治療法ということになります。

そういう事実から、テレビのCMでも御馴染みのようにサプリメントによるコンドロイチンの経口摂取の場合は、かなり長期にわたって摂り続けないと効果が薄いと思います。

医師の見解では経口摂取は全く効果がないと言っていますが、ネットでさまざまな口コミでの評判を読んでいると全く効果がないというのは信じることができません。

本当のところはどうなのかと言うのは、実際にある一定期間自分で試してみないと分りませんが、サプリメントがこれだけ売れ続けている事実からある程度の効果見込めるのではないかと思いますね。

ただ、どれほどの改善効果があるのかに関してはやはりハッキリしない部分が多いので、さまざまな商品の口コミでの情報をしっかりとリサーチする必要があると思いますよ。

カテゴリー: 口コミ・評判 | 病院で処方されるコンドロイチンについて はコメントを受け付けていません。