眼精疲労に対するコンドロイチンの効果について

眼精疲労になると目がショボショボしてとても疲れたような感じになり、目を使った仕事を続行するのが困難に感じてしまいます。

私もパソコン作業が長引くと眼精疲労の症状が出て目薬に頼ってしまうのですが、目を疲れにくくさせるためにはコンドロイチンなどのサプリメントを摂取するのが良いと言われています。

コンドロイチンは目のピント調節を正常に保ってくれる働きがあり、眼球の弾力性や保湿性に関係しています。

また、コンドロイチンは老化と共に不足してくると言われていますので、年齢を重ねれば重ねる程眼精疲労になる可能性が高くなります。

しかし、若い人でも長時間の仕事で長時間のパソコン作業をしている人などは眼精疲労になる可能性が高いです。

さらに、老眼もコンドロイチン不足により起こってくると言われていますので、サプリメントや日頃の食生活から積極的に補う必要性が出てきます。

そして、できるだけ遠くなどを見るなどして目を休めることも大切です。

私たちは運動不足なると体に様々な障害が出てきますので気をつけますが、目の運動不足ということに関してはあまり気を使いません。

サプリメントだけでなく、遠くを見たり近くを見たりして目のピント調節の機能を司っている筋肉をほぐしたり眼球運動などを積極的な行うことによって、目の疲労をとったりすることも大切なことなのでないかと思いますね。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 口コミ・評判 パーマリンク

コメントは停止中です。