病院で処方されるコンドロイチンについて

病院で処方されるコンドロイチンの治療法というのは、一般的にサプリメントとして販売されている錠剤による治療ではなく注射による治療になります。

医師の見解によれば、経口摂取によるコンドロイチンの処方では効果がないというのが定説のようです。

また、病院での錠剤による治療は保険適用外になり保険適用がなされるのは目下のところ注射による治療だけのようです。

このような事実から、効果があると言われているのは病院で処方される注射によるコンドロイチンの治療法ということになります。

そういう事実から、テレビのCMでも御馴染みのようにサプリメントによるコンドロイチンの経口摂取の場合は、かなり長期にわたって摂り続けないと効果が薄いと思います。

医師の見解では経口摂取は全く効果がないと言っていますが、ネットでさまざまな口コミでの評判を読んでいると全く効果がないというのは信じることができません。

本当のところはどうなのかと言うのは、実際にある一定期間自分で試してみないと分りませんが、サプリメントがこれだけ売れ続けている事実からある程度の効果見込めるのではないかと思いますね。

ただ、どれほどの改善効果があるのかに関してはやはりハッキリしない部分が多いので、さまざまな商品の口コミでの情報をしっかりとリサーチする必要があると思いますよ。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 口コミ・評判 パーマリンク

コメントは停止中です。