捻挫にもコンドロイチンが有効って本当なの?

捻挫になったら湿布などをして治療することが望ましいですが、体の内側から改善するためにはコンドロイチンが有効だと言われています。

その理由は、コンドロイチンがダメージを受けている靭帯の回復を早め治りを早くするのです。

このように、関節にある軟骨成分を補うだけではなく靭帯のダメージにも有効であると言うことは最近まで知りませんでしたが、こうした事実はスポーツなどをしている方には朗報だと思いますね。

また、高齢になって捻挫になった場合にもとても有効だと思います。

軽度の捻挫の場合は、患部を冷やしながらコンドロイチンを摂取することでより早く症状が改善することでしょう。

また、非常に痛みが強い重度の場合でも外部的治療しながらコンドロイチンを摂取することが大切です。

この場合は、病院でのしっかりとした治療に加えて自宅でのサプリメントによる改善を試みるのが最適だと思われます。

その際いち早く改善するために大切なのは、先ほども申し上げましたように患部を冷やしながら内部的治療を行うことです。

私も交通事故によって足の捻挫になったことがありますが、私の場合は通院しながら湿布による治療だけで治した記憶があります。

完全に治るまでに2~3ヶ月の治療期間を要しまたので、本当に時間がかかると感じました。

ですから、病院での治療とサプリメントを併用して焦らずにじっくりと治すことが大事でしょう。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 口コミ・評判 パーマリンク

コメントは停止中です。