コンドロイチンポリ硫酸の利用のされ方について

コンドロイチンポリ硫酸はサメの軟骨やスルメイカの軟骨、そしてカブト蟹の軟骨などに存在していると言われています。

コンドロイチンという言葉よく聞くのですが、コンドロイチンポリ硫酸と言うのはあまり聞いたことがない成分だと思います。

実際コンドロイチンポリ硫酸はサプリメントに利用されていると言うよりも、生活活性に関する研究や科学的実験の研究材料として利用されているようです。

色々調べていくうちに しゅう酸カルシウム結石形成における抑制作用の検討といったちょっと一般人では訳のわからない研究内容に利用されている記事を見つけました。

荒削りに読んでみましても、一般の方には全くわからないような難しいことが書かれてありますので、コンドロイチンポリ硫酸という成分が私たち消費者にはあまり馴染みのないものであることが理解できました。

とは言いましても、白髪防止や改善剤の商品に使用されているということですので、そういった意味では私たち消費者に少なからず関係していると思います。

ただ、健康食品などのサプリメントの中には確認出来ませんでしたので、一般的なコンドロイチンサプリの成分でないことは確かです。

似ている名前でも少しだけ違うとこのように利用される価値が異なってくると言うこと学びましたね。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 成分・比較・食材 パーマリンク

コメントは停止中です。