コンドロイチンの血中濃度が増加しても効果がないって本当なの?

コンドロイチンの血中濃度が増加すれば関節炎に顕著な効果が現れると言うことが予想されますが、実際のところはどうやらそうではないようですね。

詳しく調べてみますと、関節に存在している軟骨は血管が通ってないので、コンドロイチンの血中濃度が例え増加したとしても軟骨の半透明な成分には行き届かないわけです。

これは仮説ではなく事実ですので疑いの余地はないと思いますが、このことからコンドロイチンの経口摂取による改善効果がないと言われている事実もうなずけます。

そしてもう1つの理由が、コンドロイチンを経口摂取により体の中で消化された場合多糖物質でなくなってしまうので、それが原因で体外に排出されることにより軟骨に行き届かないということです。

体内に入ったコンドロイチンがこのような事実によって関節に存在する軟骨成分を補うということが出来ないのであれば、いくら経口摂取しても効果がないのと言うことが全面的に肯定されてしまいます。

しかし、テレビショッピングであれだけサプリメントが売れている事実と、ネットショップでも人気サプリメントとしてこれだけ売れ続けているわけですから、血中濃度の高い低いなどの理由とは異なる何か他の効果的な事実があるのではないかと思いますね。

口コミでのレビューを見てみましても、関節炎が改善して楽になったという方が大勢いらっしゃいます。

となると、やはり実際に試してみるしかないと思いますね。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 効果・効能 パーマリンク

コメントは停止中です。