コンドロイチンの医薬品の健康食品との違いについて

コンドロイチンは医薬品と健康食品の両方がありますが、一体どのような違いがあるのか調べてみることにしました。

まず、医薬品指定されているコンドロイチンについてですが、厚生労働大臣の承認を得たものであると言うことと、目的が治療と予防のために使われると言ったことが挙げられます。

つまり、医薬品の場合は完全に医療用の治療薬として考えられているのです。

次に健康食品に指定されているコンドロイチンについてですが、この場合は成分の含有量が規格基準の範囲内で含まれているものであり、栄養機能表示さえしていれば販売できると言うものです。

つまり、栄養補助食品として消費者に提供できるわけです。

この2つを比べてみますと、厚生労働大臣の承認認可と含有量の違いと言うことが挙げられますが、どちらが優れているのかと言うのは今のところハッキリしていないようですね。

ですからこれらの違いはあるものの、私達消費者がどちらを選択するかと言うのは完全にその人の判断と選択にかかっていると思いますね。

私個人としましては、健康食品指定されているものが何だか食品の延長線上のような感じがして購入しやすいと考えています。

イメージ的には医薬品指定されているものが効果があるのではないかという感じがしますが、やはりそれは個人の判断に任されていると思いますよ。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 口コミ・評判 パーマリンク

コメントは停止中です。