コンドロイチンと他の薬の飲み合わせについて

サプリメントと薬との飲み合わせについては副作用があるという話をあまり聞いたことがありませんが、全くないとも言えませんので詳しく調べてみることにしました。

今高齢者の間でとても人気のあるコンドロイチンのサプリメントとその他の薬の飲み合わせについて調べてみると、副作用は殆ど認められてないということです。

飲み合わせと言うよりも気をつけなければいけないことは、1日の必要摂取量をしっかりと守ることだと思いますね。

例えば、関節のトラブルに有効だと言われているコンドロイチンは1,200mg、グルコサミンは1,500mgが目安となっているようです。

最近のサプリメントはコンドロイチンとグルコサミンが一緒に入ったものが多いですので、メーカーの方で1日の摂取量をしっかりと明示してありますのでしっかりと守ることが大切です。

他の薬との飲み合わせによる副作用は心配する必要ないですが、コンドロイチンの一時的な過剰摂取による副作用には注意する必要があると思います。

関節のトラブルを抱えている人はこういったサプリメントを摂ることが求められますが、経口摂取による効果は薄いと言う見解が多いようですので、ハッキリとした効果を望むには長期間継続的に摂取する必要があると思いますね。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 口コミ・評判 パーマリンク

コメントは停止中です。